忍者ブログ
いつでもお客様をお招き出来る家を目指して
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供がじゃなくてオモチャが落ちるんです。



ベッドで隠れてしまう壁にコンセントがあるのと、ベッドの床板(2段ベッドをロフトベッドとして使用しているため下段の床板が余ってます)を立て掛けて置いているために、壁にベッドをピタリと寄せることが出来ません。

それにベッドの柵にもスキマが開いていて、いつも枕元に並べている小さなぬいぐるみが寝ている間にポロポロとスキマから落ちてしまうようです。

先日ぬいぐるみがまったく無くなってしまっていたのでベッド下をのぞき込んだら、ベッドと壁のスキマに大量にぬいぐるみが落ちてました。



このスキマ、普段ぜんぜん掃除してないのでホコリまみれ。大変なことになってました。SPF材でも買ってきて塞ごうかな~と思いつつ、4年以上も放置してました。

そこでようやくすきまを塞ぐ手だてを考えることにしました。
ベッドの長さの半分くらい、枕元の部分だけ塞げればOKだから、自転車でホームセンタにでも行ってこようかなぁ?と思っていた時、「プラダンがあるよ!」と気づきました。

なぜ今まで木材にこだわっていたのか分かりませんが、落下防止なら薄いプラダンで充分です。プラダンをL字にカットして、床板と柵を覆いました。


これで少なくとも柵のスキマからモノが落ちることはありません。


ついでにスキマに立て掛けている床板にもプラダンガードを作成。

小さなフィギュアがうっかり落ちてしまうのを防ぎます。


うちの子は私に良く似て片付けが苦手な子。いつも部屋はぐちゃぐちゃです。
でも小学校生活も折り返しを過ぎている年齢なので、部屋の片付けは出来るだけ手出ししないようにしています。とはいっても口で言うだけじゃなかなか動きません(自分もそうだったので仕方がないのかな?とは思いますが・・・)。

年末に向けて少しは片付け&掃除をやってもらいたいなぁ。





PR
夫の部屋で使っていたPCデスクはアイリスオーヤマのメタルラックシリーズでした。
PCデスク

このタイプの良いところは、たとえメーカーが違っていても支柱の直径が合えばパーツを共有できるところだと思うんです。

今回不要になったPCデスクがその後どうなったのかというと、これまで廊下の物入れで使っていた高さ90cmの支柱と、PCデスクの幅90cmの棚板を組み合わせて子供部屋のベッド下収納に使ってみることにしました。

ベッド下から引き出さないと使えない最上段にはほとんど使わないけれど処分はしたくないキーボードを乗せ、下にはオモチャ箱などを入れてオモチャ棚に。

それまでキーボードは、今のTVボードを買う前に使っていたTV台の上に乗せていました。使わなくなった家具をなんとか使いまわそうと努力した結果です。

BEFORE
2010年頃


ただベッド高との差が結構あってスペースが勿体ないと思っていたのと、TV台の下部の仕切りのせいで思うようにモノがしまえなかったのが不満でした。でもオモチャ棚が代わったことで高さを目一杯使えるようになり、直置きしていた引き出しなども収納出来てスッキリしました。

そして普段オモチャ棚で隠れてしまうベッド奥の棚の中には、子供の希望で遊ばないけれど捨てたくないというプラレールやトミカをバケツに入れて納めてあります。オモチャ棚の下にはキャスターが付いていて子供でも楽に移動させられるので、子供もたまにトミカなどで遊んでいるようです。

ついでにパイプハンガーも解体。我が家は基本的に洋服は掛ける収納なのでパイプハンガーは必需品なんですが、足元が掃除しにくくて邪魔だなぁと思っていたので、解体してパイプ部分のみをベッドのスノコにS字フックで直接引っ掛けるようにしました。これで足元に何もなくなり掃除も楽々です。
 
AFTER

うちの子はさすが私の子供だけあって片付けは得意じゃないけれど、部屋の模様替えの甲斐も有って少しずつ片付け出来るようになってきてます。




スペース有効利用の為、扉の前にロフトベッドを配置した子供部屋のクローゼット(記事はコチラ)。出し入れに多少手こずるものの、子供のシーズンオフの衣類やオモチャの空き箱、思い出ボックス等頻繁に出し入れするようなものは入っていないのでそのままにしてました。


この奥がクローゼット

この写真ではベッド下に荷物はないんですが、実際にはキーボードや日頃切る洋服が掛かっているパイプハンガー、オモチャの入った引き出しなどが詰め込んであって、近頃では引き出しへの出し入れが億劫になってました。

やっぱり引き出しの衣類をベッドの上から出し入れできる方が使い易いのかな~と思うようになり、この間クローゼット整理で使わなくなったワイヤーシェルフの一部を使って引出しをベッドの上から出し入れできる高さにしてみました。

Before   After
Before   After
ベッド上からの写真
引き出しが随分近くなりました


狭いスペースでの作業だったので少々手こずりましたが、上から3段目まではベッドの上から楽に出し入れできるようになりました。やっぱりこのほうが使い易いみたいです。

空きスペース
下の空きスペースに何を入れるかは現在考え中



 
 
大掃除の時期だから極力掃除だけに集中したいと思ってはいるものの、どうしても気になっていた子供部屋の模様替えをしてしまいました。

小学校に入学する少し前に2段ベッドを購入し(一人っ子ですけど)、下の段の床板を外してロフトベッドのようにして使っています。

部屋のドアを開けるとドーンと正面にベッドがあって、高さのせいもあるのか結構存在感が有ります。なぜこんな置き方になってしまったのかというと、部屋の奥にあるクローゼットを活かす為。

置き方はドア脇の壁際に置くプランAか、向こう側の壁際に置くプランBかどちらかで悩みました。最終的にプランBに決定したのは、ドア近くの天井が下がり天井になっていて、ロフトベッドで眠ると天井が迫ってきて圧迫感があるかなぁと思ったので。
Before
BEFORE


でもプランBにしてみたけれど子供も私も部屋の奥まで足を踏み入れることはなく、クローゼット前のスペースが完全にデッドスペースになってしまいました。

しかも活かせると思っていたクローゼットも部屋の一番奥にあるので、日常的に使うというよりはシーズンオフの衣類を入れたりもう使わないけど捨てるのはと迷っているものを入れていたくらい。失敗した! と思いながら2年が過ぎてしまいました。

 
クローゼットは活かしきれず
狭い部屋なのにこのデッドスペースはもったいなさすぎる



昨日は「やっぱりベッドを移動させたい!」という衝動を抑えきれず、でも一人では無理なので近所に住む実家の父親に応援を頼みました。
ベッド以外の家具を部屋から搬出
ベッドを上段を下段に分割
上段を垂直に立ててスペース確保
狭いスペースの中、下段を斜めにしながら移動
再度ベッドを組み立てる
という作業を20分程でやり終えました(父と一緒だったので作業中の写真はありません)。


After
AFTER


 
 


とにかく5.0畳という狭い部屋なので、壁にも天井にもベッドをぶつけ壁紙が少し剥がれてしまいました。しかもベッドがものすごーく重くて、今日は朝から二の腕が筋肉痛です(>ω<、)

大変だったけど遊ぶスペースが広くなったので子供は大喜び。今までリビングに置いていたオモチャも自室に持って行きたいと言ってくれてます。これでテレビボードも少しずつ片付いていくはず。


ベッドで塞いでしまうかたちになったクローゼットも、ベッドの足の隙間から手を延ばせば引き出しの中のモノは取り出せるし、いざとなれば隙間からクローゼット前のスペースに行けるので、使い勝手は今までと変わらないかも?と思ってます。


子供部屋を見るたび、思い切って作業して良かった~と思えるのが何より嬉しいです。




お知らせ


↑クリックで投票されます↑


このサイトはリンクフリーです。

励みになります
[05/08 やこ]
[03/05 マリママ]
[02/28 マリママ]
新着記事画像
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
自己紹介:

アラフォーの専業主婦。
夫と小学生の子供との三人暮らし。

子供の頃から片付けが苦手で、結婚しても子供が生まれても部屋の中はぐちゃぐちゃ。人を呼ぶ日は徹夜で部屋の片付け(というかモノの移動)をしてました。

そんなある日、雑誌で知った近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』を読んで一念発起。

真っ直ぐに歩くことも出来なかったリビングの床からモノが消え去り、少しずつですが理想とする家に近づいていると思えるようになってきました。

気になるアイテム


たっぷりボウル・大


たっぷりボウル・中


ソイル ドライングブロック

捨てられる人になるために

人生がときめく片づけの魔法

断捨離

断捨離のすすめ

SHOPPING
Copyright © キレイなお部屋で暮らしたい All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]